*R

人生をファンブルした私がふつうの社会人を目指す日記。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2011.09.16 Friday | | - | - |
アイスショー(DOI2010)に

いってきた!
前に、代々木体育館で見た時は、スタンド席の後方だったこともあって、なんとなーく誰かわかる程度だったけど、今回は奮発して前の方の席をとったので、臨場感が全然違った。
新横浜のリンクはそもそも客席もほとんどなくて、どこから見てもそれなりに見えてしまうほど、観客にとってはすばらしいリンクだった。それはスケーター達も同じかもしれない。反応がダイレクトだし。
私は、南側の階段席の4列目のほぼ中央で、群舞などでは正面になっていてラッキーだった。
高橋くんはオープニングもフィナーレも最前列で大変近くで見ることができたんだけど、私は王子様(笑)に夢中だったので、紫のシャツを常に探してそこに集中してしまっていたので、よく見ていなかった!間接視野で、高橋くんとプル様を見ていたけども。
やっぱり心に残ったのは、ステファンの新プロ!
SPと同じぐらいの運動量?っていうぐらい激しく、そしてとにかく楽しそうで笑顔と色気をふりまかれて、ただただ熱狂してるだけになってしまった。
オープニング、北側から南に向かってゆっくり手を伸ばして進んでくるだけで、「王子がこっちにむかってきてるー!!」って思考停止。
確かに今までもすごく好きだったけど、頭から何もかも吹っ飛んだ!
前半の他のスケーター達も近くで見ると、初日のぎこちなさや色々もあったものの、すごく感動したんだけど、ステファンが南と東席の間にずーっと座って見ているので、演技の合間や明るくなった時についチラチラ見てしまってしょうがなかった!
いつもそうなのか、コリオグラファーとして気になって見たのかは分からないけど、あなたがそこにいたらどうしても気になるでしょ!
休憩時間になるとすぐに出て行ってしまったけど、かわりにプル様がピョンピョンしてて、歓声もあがっていた。
プル様は、オープニングでラストに登場し、みんなを手招きするのがよかったです。
ちょっとしっとりしたプロなのに、もうみんなプル様がじぶんの近くに来るだけで大絶叫!
私もだけど、ファンだって聞いたこともない隣の友人の絶叫にびっくりしたよ。
歓声はこの日一番だったように思えた。
そして!すごく楽しみにしていたステファン振付の高橋くんの新エキシビ。
アメリの曲で、実にステファンらしいプロだった。
もちろんステファンも腕をくんで自分の生徒を覗きに来ていた。
なんというか、ステファンの完全コピーっていうぐらい、本当に鏡にうつしたようにステファンが透けて見えるほどだった。
それは、コリオグラファーとしてもスケーターとしてもいいのかどうかは分からないけど、お客さんの前でやるのは初めてだし、何よりそこまで完コピできる高橋くんがすごいと思った。
シーズンを通して滑りこんでいくうち、彼のカラーが混ざっていけば、後で振り返ってとてもいいプロになる予感もする。
高橋くんよりもステファンが滑った方がいいんじゃ?っていう振付なんて、やっぱりコリオグラファーとしてどうなの?っていう人も多いだろうけど、彼の新しいキャリアはまだ始まったばかり。
そして、魅力的であることには違いないから、私は今後もすごく楽しみにしているし、ステファンがまたいつもの自由さで、競技に復活してもいいな☆
まおちゃんを見たのは本当に初めてだったけど、ものすごく美しくて感動した。
地味にこづのファンの私は、こづのプロも見られて嬉しかった。
(脱走成功おめでとう!もう超かっこよかった!こづの株があがったようでそれもうれしい!)

とにかく大興奮で、くるくるまわる王子の色気にあてられて、胸にかかえたジョニーの写真集も開く気にならないほどだった。
胸がいっぱいで晩御飯が食べれない!
新潟が楽しみすぎて早くもドキドキしていた。

帰りに、プル様の出待ちに遭遇して、ちょっと写真をとってみたけど、あの警備、全然だめでしょ・・・
本当に大混乱で、自分も写真とっといてなんだけど、ちょっとかわいそうだった。
新潟は、出待ちとかでこんな混乱が起こらないようにしてほしいなあ。
安心して出待ちしたい(笑)

DSCF3058_ed.jpg



胸がいっぱいすぎて、降りる駅を間違い、当日帰れなくなってしまったので友達の家に急きょ泊まったという、バカなオチがついた。





| 2010.06.25 Friday | 23:38 | comments(0) | - |
バスケおまけの話

写真撮影は禁止だと、勝手に思っていてデジカメを持っていかなかったのが悔やまれる・・・
携帯の写真はシャッタースピードが遅く、全然違うシーンがとれている。
フラッシュをたかなかければOKなので、次回は絶対デジカメもっていくぞ!

またホーム側にいると、選手とハイタッチができていた・・・
今回、二人ともどっちに座るか決めかねて、流れでアウェーに座り、結果的にブレックスを応援していたんだけど、次回は是非ホーム側に座りたいぞ。

ブレックスのサポーターは、とても熱かった!
サッカーのサポーターのようで、好印象。
うるさいけどね(笑)
今回、アルバルクの方が人数は圧倒的なのに、応援合戦でもブレックスの勝利と思ったよ。

バレンタインデーだったので(?)、選手はたくさんチョコをもらってました。
さすが人気者だ・・・

100214_165918_ed.jpg


実は、ハーフタイムなどに行われるチアのショーもけっこう楽しみにしてたんだけど、けっこう普通だった・・・
アメフトのようなやつかと思っていたので・・・
でもみんな美しいボディだった!

ハーフタイムで、なんちゃってアイドルみたいなのがでてきたが、彼らは何者なのか??

100214_154813_ed.jpg

彼らのファンみたいな女の子もいた。

ちびっこチアガールがかわいかった。

アルバルクくんは怖かった。


何しろ面白かったのでまた行きたい。

| 2010.02.14 Sunday | 23:41 | comments(0) | - |
バスケリベンジに行ってきた

人生で初めて、プロのバスケの試合を見た。
実は、テレビですら見たことがなく、おそらくは高校時代のクラスマッチのバスケの試合が最後ではないだろうか・・・
ルールも、スラムダンクで終了している・・・

前回、プロバスケは人気がないと思い込んでチケットをとらずに行ったら入れなかったので、今回は発売日翌日に購入。指定席がとれなかったから心配して、試合開始の1時間半前の開場時間に行ったら、すでに長蛇の列。
「これ、ちゃんと見れる席に座れるのかな??」
と心配してたら、案外うしろの席でもよく見えた。

100214_145625_ed.jpg

写真だとけっこう遠いかな??
肉眼だと、顔で選手が判別できるぐらい。
今日は満席でした。

試合は、前半接戦だったけど、第3セットにアルバルクの得点が止まり、ブレックスと20点差がぐらい開いてしまい、第4セットもその差がうまらず、78対101で試合終了。

ルールも選手も試合時間さえもわからなかったけど、初めてサッカーを見た時のような、
「アスリートはすごい!人間てすごい!」
っていう感動があった。
バスケってそもそも、一瞬も目をそらせないようなスピードのあるスポーツ(目をそらせるスポーツはないんだけども)なので、40分間のゲームをただ見てるだけですごく疲れてしまった。

100214_160028_ed.jpg

名前は覚えてないけど、アルバルクは五十嵐選手の他には、12番の選手のサッカーでいうところの角度ゼロからのスリーポイントが美しくて超感動!
ブレックスは0番(というものがあるのか・・・)の田臥選手はもちろん、1番の人も随所で素人のわたしたちをうならせるプレーを見せてくれた。
他にもいっぱい感動したけど、頭悪くて覚えてない。

バスケは面白かったです。
終わった後、というか、終わる前から
「また見に来たい!」
って思いました。

自由席で十分楽しめるな・・・ 

| 2010.02.14 Sunday | 23:30 | comments(0) | - |
オスモ・ヴァンスカ

クラシックとか全然詳しくないし、年末だし第九聞きにいっとくか!みたいなノリで毎年どこかのコンサートにおじゃましているんだけど、よく考えたら外国人指揮者の第九は初めて。
けっこう頑固一徹みたいなパンチ力ある演奏のイメージなんだけど、この人は指揮も独特で面白かったけど、なんていうかヨーロッパな音がした。
うまくいえないけど、パステルカラーっていうかフワフワした足取りも軽い感じ。
面白かったのでいつも寝てしまう第三楽章を初めて起きたまま聞けた(笑)
別の曲に感じるほどイメージが違う。
でも、ちょっと軽やかすぎて、第四楽章が終わっても物足りないって思った。

この指揮者の別の曲を聴いてみたいなあ。

091221_202230_ed.jpg

| 2009.12.21 Monday | 23:45 | comments(0) | - |
秋季雅楽特別演奏会にいってきた

雅楽って東儀さんの演奏をテレビで見たことあります・・・のレベルなんだけど、源氏物語で光源氏が青海波を舞うのを読んでから、ちょっと見てみたい!という程度の興味だったので、今まで機会がなかった。
今回、弟が招待券をもらったので、せっかくなのでバイト交代して行ってきた!

皇居に入る自体初めてだったんだけど、けっこう広いんだね。
大手門をくぐってから楽部っていう案内にしたがってぶらぶら歩いて5、6分ぐらいで到着したような?
途中、写真とったりしてたので。
本丸の休憩所で弟を待って、お昼の公演、2時すぎてから会場へ。
入るときに身分証を確認されたんだけど、偉い人がいるわけでもない(しいて言えば、演奏・演技している人が偉い(笑))のに、厳重だな!と思った。
一般的には宮内庁のHPから往復はがきで申し込むよう。
今回招待券をいただけてうれしかったです。ありがとうございました!

会場内はかなり狭くて、1時半開場だったので、席はほとんど埋まっており、
「これ、もしや立ち見??」
と弟と唖然としてしまった。
幸い、縦に並ぶ席が空いていたので、すみませんを繰り返しながら着席。
ほんと狭い。
国際線のエコノミー席レベルである。
しかも下が白い砂利の上に椅子があるので、椅子を安定させたかったけど、となりの人とぎゅうぎゅうなので、やたら前方に傾いたままになってしまった・・・
早めに行ったほうがいいみたい。

開演のブザーがなり、楽師の方々がステージ後方に登場。
残念ながら、演奏の様子は見ることができなかった。2階席の方が良く見えるかも。
太平楽は、序破急すべて演奏されて、舞人の4人の方は演奏にあわせてステージに登場し、ひいていった。
正直な感想を言うと、雅楽の演奏は大きな盛り上がりとかはなくて、ほぼ一定の調子がくりかえされていて、舞も同じような振りが続いていた。
所作は美しいのだけれど、むしろこの長い曲の中、同じようなメロディーで同じような振りをよく全部覚えてるな!ということに感心してしまった・・・
楽師のみなさんはすべて無形文化財保持者?だとか。
・・・というダメな観客であったため、テンポがよく動きに変化の見られる急はともかく、破のあたりでは睡魔との闘いになってしまった。
恐れ多くも、陛下ですらこれ一具やられたら、一瞬お眠り遊ばされるのではないかと・・・
太平楽、って言葉通り、背負う矢は矢じりが上をむいてつがえないようになってるんだけど、剣舞があるので、平和っぽいイメージはなかった。

そして、知識もなく勉強もしてこなかった狛鉾は、眠くはないものの、太平楽との違いについて悩むとともに、あの五色の棹が意味するところを読み取れぬまま終了。

普段和装を目にすることがないので、和の衣装を見られるというのも面白かった。
いつか東儀さんの演奏も見てみたい。
とてもいい体験だった。


帰りに太鼓の前で写真とりまくり。

DSCF2697_ed.jpg

外に出たら雨降っててショック!

| 2009.10.24 Saturday | 23:25 | comments(0) | - |
新宿御苑薪能

人生で一度くらい薪能とやらを見てみたいと思い、去年チャレンジしたけど雨で中止。
今年はリベンジって思ってたのに、気付いたらチケットは既に販売されており、ちょっと後ろの方の席になってしまった。
演者が豆粒ほどではないかと思ったけれど、意外と見えた。
最初にやたら長い解説があり、萬斎さんの「業平餅」が始まる。
狂言はわかりやすく、そもそもがコメディなので楽しく見れた。
あいかわらずお美しい!
休憩をはさんで後半、「葵上」が始まる。
話は有名でよく知ってるにも関わらず、やはり分かりにくい。
能ってやる方も見る方も訓練がいるんだと思う。
だからこそ、はまるとどっちも楽しくなるんだろうな。

雰囲気はとてもよい!

DSCF2692_ed.jpg

が、しかし、予想してたよりもずっと寒い。
秋だからってなめちゃいけない!

| 2009.10.11 Sunday | 23:54 | comments(0) | - |
東レテニス3
杉山愛、負けちゃった!
200809161829000.jpg
今までの試合、全部接戦でかなり長かったんだけど、惜しかったものの、テンポよく負けてしまったのであっという間って気がした。他のお客さんもそんなことを言っていた。
みんな一斉に帰る。もう時間も遅いし。

さすがに疲れたから帰ろうと思ったら、今からハンチュコバの試合だって!
200809161938000.jpg

かわいいー!

ちょっとだけ見て帰る!
もう生で見ることないよなあー

200809162030000.jpg
近くにおりて写真とってみた。

200809161834000.jpg
天井のあいたところからまん丸の満月見える。
ナイターは気持ちイイ!!
| 2008.09.16 Tuesday | 19:41 | comments(0) | - |
東レテニス2
200809161800000.jpg
やっと今から杉山愛のダブルスだよー
二時間以上押してるみたいです
どれも接戦で面白かった!

途中、おなかすいて外のベンチでケバブ食べてたら、美人姉妹(妹がViViのモデルやってる)のお姉ちゃんが歩いてた!
↑瀬間ユリカ選手。登録あった。
超かわいいー!!

杉山愛、入ってきた!


寒さ対策に結局、エレッセのTシャツを買った。
けっこうかわいい・・・
ので、普通に着よう。
上着いるね!紫外線予防と寒さ対策、両方つかえる。
| 2008.09.16 Tuesday | 18:01 | comments(0) | - |
東レテニス1
200809161455000.jpg
超うまい!
テニスはわりとよく見えるから生いいね!

暑いから北側の席は日陰でラッキーって思ってたら、海風で寒くなってきた…

タオル買おうかな…
寒さ対策で!
| 2008.09.16 Tuesday | 15:10 | comments(0) | - |
シルクドゥソレイユ
今日は、友人のすすめでシルクドゥソレイユのガラ公演を見に行った。
ぶっちゃけ、イクスピアリ自体初めて!
近所でもない限り、わざわざここで映画を見る意味が分からないと思ったじょ。

日本語じゃないから話の意味がよくわからなかったけど、創造するところ、ZET(髪も服も白い人)という男の創造の世界?もしくは物語の世界を、ZETが旅をするという内容かな。そこには、たくさんの羽をもつ美しい女神のような女の人と、赤い火のような衣装をまとった王様みたいな人(私の見た感じではドワーフの王って感じだった)がいて、それぞれ、空の世界と地の世界を治めているようだった。

基本、ミュージカル仕立てのサーカスといってしまっていいと思うんだけど、やってることは確かにただのサーカスなんだけど、どう見せたら美しいのかということをよく考えて作られているなと思った。
歌や音楽、衣装もきれいで、特に最初の空中を舞う人魚たちは本当に鳥肌がたつほどきれいだった。

ガラ公演ってことで、本公演よりやや内容は縮小しているようだけど、これはけっこうなお値段を払っても確かに見る価値はあるなーと思って、とても満足だった。
今回、席がとれなくて最後列だったけど、十分楽しめた。
中央ぐらいが一番見やすいのかもしれないけど、前列は迫力が楽しめてこれもいいと思う。上から人がふってきそうでちょっと集中できないけど、それもまた楽しい。

どの年代の人が見ても楽しめそうでいいね。

200809141627000.jpg
| 2008.09.14 Sunday | 22:11 | comments(0) | - |
Blog Information

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
1 / 2 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS
カエラちゃんラブ★
まんたんWEB
LOVE
東のエデン
☆☆☆
カウンター